読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

アニメ業界で働いた体験から提言をしたい、業界の改革案①

アニメ業界

こんにちは。

 

f:id:arrow1953:20161101021855j:plain

 

今日のブログのテーマはこの話題。

www.excite.co.jp

 

ぶっちゃけて言うと、もう20年以上前から労働環境の苛酷さなどで人手不足に陥っていたアニメ業界で、作品の制作スケジュールの崩壊を理由に放映延期になる番組が増加。10月から放送予定のアニメ番組が今月だけで3本も放映延期になったとの事。

 

以前からこのブログでも何度か書いてきたことだけど、20年ほど前の20代の頃に、ある大手の制作会社で契約社員の身分でアニメの制作に携わりました。その頃の労働環境などについてはもう過去記事で何度も書いているのでここで述べませんが、心ある業界人には労働過多で薄給なこの職業で人が足りなくなり、深刻な人手不足に陥った挙句、制作体制が成り立たなくなっていくことを憂いている人もいました。でも、このギリギリな環境を打開できる手がないのでどうしようもない。そんな諦めの中に業界はありました。

僕自身、末端の制作だったけどこの環境を見ていて「アニメ業界ってマジでヤバイっていう危機意識を強く持っており、先輩について仕事を覚える立場ながらいくつかその危機意識を語り、改善案を上司に提案させてもらったこともあったけどあたりまえながら上司には「生意気いうな!」と怒られるだけ。結局のところ、僕は会社から「お前いらない!」っていう話になってアニメ制作をフェードアウトすることになります。

 

そんな立場にいた自分からすると今回のこういった話題は

「ざまぁみろ!」って叫び、あざ笑ってやりたいところです。
だけどその一方で僕自身、たくさんのアニメを見て育ってきたこともあってか、アニメ業界について複雑な思いはあれどもその世界で頑張ろうといった若い人を応援したい気持ちもあります。そこで参考になるかどうか分からないけども、自分が制作時代に心がけた事や会社に提言をした事を幾つかこのブログで書こうと思っています。

 

そこでまず考えるべきなのは「アニメ業界で最も足りないのはなにか?」という事。

人手?時間?それもその通りなんだけどまず大事なのは「社会人意識」。具体的に言うと時間を決めて、その予定に沿って行動する意識。さらに一般的な常識の欠如についての自覚もです。

僕がアニメ制作会社に入社した頃、制作部の人は出社時間がひどくまちまちでした。定時で来る人もいれば昼頃になって会社に来るのが当たり前になっている人、残業などのため自宅に帰れず会社に泊まる人。そんな人が常に出入りしているためすごく時間がルーズになっている印象がありました。もうひとつ気になったのが、身だしなみのだらしなさ。いつも皺くちゃな服に汚れている靴。電話対応時の汚くて教養のなさそうな言葉づかい。どれもこれもが大人に思えなかったので、新入社員の僕は周囲の連中を何度怒鳴りつけてやろうか?と思うほど呆れていました。

制作会社の制作進行というのは単なるスケジュール管理者ではありません。音声や背景画作成、フィルムの撮影、映像編集など別セクションを請け負う他の会社を回ったりする会社の顔、いわば『営業』であってそこの制作がだらしなかったら=会社のだらしなさという判断にも繋がる。だから、振る舞いをきっちりしなくてはいけないのではないか?ただ、それを周囲に訴えてもまともに相手にはされないため自分だけでもと思い、社会人のマナー本などを参考にそれを実践。入社以降もスーツを着続けるほか、丁寧な口調の電話応対、言葉づかい、整理整頓などを心がけました。そこを律していけば少なくても相手は自分のことを甞めないだろう。ひいてはあの会社のAMっていう制作はきっちりしているのでいい加減な仕事はできない。そう思わせて仕事に主導権を握ってやるんだ!と考えて。

ただ、出社時のスーツは上司に「不規則な業務で大変だから着てこなくていい」と
注意を受けたためスーツ着用については途中でみんなに合わせましたが、せめて口調だけはと思い、丁寧な応対は続けました。とはいっても言葉づかいに気をつけたり、面接に来た人にお茶を出す程度の当たり前のことなんだけど。つまり、僕のいた会社はそんな事さえもまともにできない人たちの集まりだったのです。

 

それを続けた結果、どうなったか? 

先輩達や周囲の会社に笑われました。

 

電話の応対を聞いた先輩達は「あいつの口調はサザエさんの名乗りみたいでヘン」

※『株式会社〇〇制作部AMでございます』という名乗りをそういって笑っていたみたいです。

 面接者にお茶を出した事も
「そんな奴はよく会社に来るんだからわざわざ相手にしなくていい-!」と
いわれたりすることに。それだけでなく僕の態度について
『会社内でお前は浮いているからそういうのはやめろ』と注意する人もいました。

まずは自分の態度を律して周囲へ意識改革を訴える。考えてみたらすっげー生意気でムカつく新入りだっただろうとも思うけど業界を離れた現在、IT業界で社会人やっていてもあの業界のだらしなさはやっぱりどう考えてもおかしい。

 

この話が参考になると思ったアニメ業界の関係者の方がいらしたらためしに制作部できっちりした身なり、言葉づかいの改善などのため社会人マナー研修を実践してみてはと思います。おそらく講師の先生からひどく注意を受ける事になるだろうけれど、それこそアニメ業界の常識=社会の非常識であるという認識につながり、社内や業界の空気を変革させる最初の一歩になると僕は思います。

 

次回は制作体制について思う事を述べたく思うので興味を持った読者さんは
ぜひお付き合いを

 

※今の業界でそういう試みを行っていたらごめんなさい。

どうせやっていないだろうけど。

  


 

 ※現在のアニメ業界、多少は変わっているのかなぁ