サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

風俗の店に初めて行った体験について

こんにちは。

 昨日はバレンタインデーでしたが男性諸君はチョコ、貰えました?

 

 

ソープ(風俗)に行きな!(北方謙三

 僕みたく結婚しちゃうと別にチョコレートを貰おうとも貰わなくてもどうでもいい。というのが本音ですけど「恋=愛=性欲」みたいな、爆風スランプの名曲「友情≦愛」を連想させる、青春の痛みに溢れる方程式が頭にある時期にはチョコを貰えずに、惨めな思いをさせられる人たちもさぞ多くいることでしょう。そんな時の、心の空白をどうやって塞ぐべきか?小説家の北方謙三先生が男性週刊誌「Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス)」で連載をしていた女人禁制のお悩み相談室「試みの地平線」風に言うと「男同士でソープに行きな!」といったところかと思ったりもしています。この「試みの地平線」っていうのは青少年の(どうでもいい)悩みについて北方センセが男気溢れる回答で解決を図る、単純明快な相談コラム。女人禁制と謳うだけあり、清々しい程の男尊女卑なお答えに貴方も膝を打つことでしょう。こりゃダメだなって。

 

ホットドッグ・プレス - Wikipedia

 

 本日のテーマは彼女がいないどころか振り向いてさえも貰えず、常に鬱屈した性欲を風俗で発散させたいけど、お金がないという貧乏学生のための話題。この記事もブログ初期に書いたエピソードのリライトになります。知っている人がいたらごめんなさい。

 

いざ!ソープランドに突入!!

さて本題。

 僕もまた学生時代から36歳になるまで彼女がいない孤独な青年でした。女性の友達はいたけど、恋愛の対象にはみられないっていうありがちなポジションですよ。その頃の僕は彼女もおらず寂しくもあったけど、大学の体育会合気道部の活動ほかゼミの映画づくり、有志を集めての映像作りなど、やることも多くあったのでそれなりのリア充な生活を送っておりました。彼女のいなかったとある同級生には夏休み前半をぜんぶアルバイトで使い、後半で貯めたお金を風俗につぎ込んだ奴もいて、そいつのお誘いを受けたことはあったけど、性病が怖かったので常にお断り。もうおっさんになった自分を振り返って、そういった経験がないというのももったいなかったかな?と考えたりすることもまぁあります。ただ、本来人間の愛情や感情がからむ行為をお金で清算っていうのがなんとなくイヤだったという想いもあったので、その辺については別の記事で書きたく思います。

 

 そんなカマトトぶっている僕ですけど必要に迫られて一度だけソープに行ったことはあります。どんな必要だよ?っていうと「映画制作のため」

 

金ない学生が半額で行けた名案

 物語の演出でソープランドの店内のイメージカット映像が必要となったために、誰かが店内を撮ってくることになったのだけど貧乏学生な僕たちにはそういう店で遊ぶお金なんてありません。ロケ地の近くにあったソープランドのネオン看板にデカデカ光る「一時間1万円」の大きな文字。「せめて半額の5000円だったらな。1万円・・・」とみんなで頭を悩ませていた時、ふと、僕の頭に思いついたのです。

 

 「女の子のサービスを受けなけりゃ半額で入れるかな?」

 

  このコペルニクス的な発想がひらめいた時は正直l俺って「天才じゃねーか」と勘違いしそうになりました。でもまぁ常識で考えたら実現不可能な案なので冗談半分にこのアイディアを語ったらみんなにツッコまれるどころかなんと「名案!」と周囲から予想外の反応。その瞬間、正直僕は「こいつらはバカじゃないか?」とマジで思いました。そんでもって実際にそのアイディアでいこうという話となり、発案者の僕が、直接お店のマネージャーと思しきおっさんに直談判。そのおっさんの風貌はヤクザっぽいっていうかヤクザそのものだったのでビビりながら「どうせダメだろうなぁ。すっげぇ、怒られるだろうなぁ。怒られるだけだったらいいけどぶん殴られるだろうなぁ」とか思っていたら、そのおっさんは「俺はお前らみたいに目標を持って頑張る奴らが好きだ!応援してやる!」とこれまたあっさり了承。その結果、僕は半額5000円でお店に入れたのでした。

 

 ただ女の子はいないのでなにも楽しい事はありません。狭めの男湯みたいな風呂場をカメラで撮影後、余った時間はお湯につかるだけ。浴槽の周りにあったぬるぬるするローションも塗ってみたけど、ただベタベタするだけだったのでボディソープで洗ってまたお湯につかって5000円払って終わり。外で待っていたメンバーから「どうだった?」と質問されたので、僕はこう答えました。

 

「高ぇ風呂だった」

 

 風俗に行きたくてもその勇気がない。そんな人に、このアイディアはオススメ。ぜひお試し下さい!ただお店のおっさんが冗談通じなくて、ぶん殴られても俺は知らん。

  

 

※こういう本も世間にはある。オタクのためといいながら絵柄が「萌え」テイストとは程遠いところに、筆者のこだわりを感じる。

 

今週のお題「わたしとバレンタインデー」