サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

高校野球を「爽やか」とかいってる人って何なの?

こんにちは。

   毎年、この時期になってくると「高校野球」ファンが自分たちの出身校や地元高校の野球部があーだこーだなどと語りはじめ、あんまり興味ない僕などにも話を振ってきたりします。

「AMちゃんの高校なんてどうなの?」

   どうなの?って言われても僕の出身校は都立の弱小高校。おまけに都内でも指折りのヤンキー校だったので、正直バッターボックスにバットを持って立っているよりも、釘バット持って他校のヤンキーたちを待ち伏せているほうがお似合いっていう環境だったのと、僕自身も野球に全く興味ないため常に、どーでもいいイベントの上位にランクしています。そんな高校野球はどの学校も健全な高校球児たちの正々堂々たるスポーツマンシップ溢れる大会かというと、そうでもない。毎年どこかの学校が喫煙や部内でのいじめの実情などが大々的に報道されることによって出場停止処分を受けたりしていたりもする。でもって、こういう事件が起こると「健全な高校野球を汚しやがって!」と怒る人も多いんだろうけど甲子園出場、優勝のため全国を回って有望な選手を集めてくる強豪校と甲子園出場、あるいはプロになるため強豪校への進学を希望する学生達の関係って爽やかさとは程遠いめっちゃドライなもんなんじゃないか?と想像します。

 甲子園に出場することができれば学生は自分の抱く夢を実現することとなり、学校だって強豪校の実績、プライドを保てる。その両者の利害を一致させるものは勝利のみ。だから学生も「野球部を勝たせてやるから、俺の好きにさせろ!」と調子ぶっこくだろうし、学校もお互いのWIN=WINを守るためだったら、うるさいことなんてわざわざいったりしませんって。っていうか逆に今回の不祥事みたいなトラブルを起こしてきた学生の心の奥底にあったであろう、「野球部を俺の活躍で勝たせてやる!だから俺の素行に文句いうな!」といった姿勢は大勢の批判を浴びるだろうけど僕はこの勘違いも甚だしい強烈なメンタリティには俺は俺の仕事を全うしてやる!って感じのプロフェッショナリズムを強く感じたりもします。

ってなことで本題。本日紹介させていただくのはこの作品

  

 

実録!関東昭和軍 - Wikipedia

 

 高校野球にまつわる不祥事やカネなどをネタとしている「負」の高校野球マンガ。「高校野球ハ戦争。組織の勝利のために己を捨て、戦う兵士になろう!甲子園は就活だ!」こんなことを作中で堂々と語る監督、コーチに徹底的な体育会気質に染まっていった結果、ヤクザ関係者に強烈な就職のコネを持つ部員たち。そんな奴らの物語は多くの強豪校がやってもうた野球部員たちの不祥事を思わせます。この漫画のエピソードを虚構だろう?と笑う人も多くいることでしょう。だけど健全な高校野球の成れの果てにいたのが「清原だった」ことを僕たちは覚えておくべき。