読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

終戦の日に大人が「反戦」「憲法改正反対」を語らなくてどうするっていうんだ!

こんにちは。

 

昨日は8月15日。戦後、71年目の日でした。

本日のテーマは「反戦」。

このブログ記事を通じて僕は

「戦争はイヤだ!」

語りたく思います。

 

そんなことを思ったのは、

この記事を目にしたことが

きっかけ。

lite-ra.com

 

女優の吉永小百合さんが、

自らパーソナリティーを務める番組で

憲法9条の重要性を訴えたとのこと。

吉永さんは護憲派として多くの

メディアで持論を語っており、

女性週刊誌でも

このように話しています。

 

 以下は記事の引用。

最近の吉永が最も危惧しているのは

その「護憲」「反戦平和」を

口にすることすら難しく

なっているという時代の空気感だ。

現在発売中の「女性自身」

(光文社)8月23・30日合併号に、

吉永と政治思想学者・姜尚中氏の

対談が掲載されている。

 

冒頭、吉永は自身のこんな

体験を語っている。

「私は若いころ、母に

『なぜ戦争は起こったの?

反対はできなかったの?』と

質問したことがあるのです。

そしたら母は、ひと言

『言えなかったのよ……』って。

言えないってどういうことなんだろうとその時には理解できなかった。

けれども最近、母の言っていた

意味がわかります。

今の世の中を見ていると

息苦しい感じがして」

 

この発言を読んで、

「大げさじゃないの?」とか

思う人もいるでしょう。

だけどこの記事を読んでいると

吉永さんの危惧を「杞憂」とは

笑えません。

lite-ra.com

 

コメントの中には

「式典の妨害をすりゃ当たり前」との

意見もあるだろうけど、わざわざ

警察が出るほどのものなのか?

記事にも書いてあるけど、このテの

ヤジなどは以前からあったもので、

今回わざわざ騒ぎ立てるような

ものでもなかったという話でした。

さらにいうとこのヤジをぶつけた人は

別に首相に近づいたわけでもなく、

首相のスピーチを邪魔してもいない。

首相があいさつのために、演台に

向かっていた際に批判を投げただけ。

百歩譲って近くにいたお巡りさんが

その人に近づき

「式の最中にヤジはおやめなさい!」と

注意するとかいうのだったらまぁ

分からなくもありません。

だけど数人の警官がその人を

取り囲んで事情聴取って

それはやりすぎじゃない?って

思っちゃいます。

 

なぜ戦争は起きたのか?

その戦争に反対できなかったのか?と

いう吉永さんの問いに

「反対できなかった」とだけ答えた

吉永さんのお母さんの発言。

それを見て僕は

10年以上前に読んだある本を

思い出しました。

  

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 サブカルチャー反戦論 大塚英志

 

漫画原作者として活動しながら、

サブカル表現や世相などについての

評論活動を続けている作家、

大塚英志さんが

反戦」について語っている本です。

大塚さんの話を以下にまとめると

こう述べています。

 

「現在」は「戦時下」にある。

 

この本が出版当時、日本は小泉政権

9.11以降、日本政府や国民が

アメリカの政策に追随する事が

当たり前だろう?みたいな雰囲気が

漂っていた時期です。

大塚さんはこの時期について

「有事や戦争の不安をあおる声が

大きくなり、気がついたら

『有事』『戦争』に備えろという

意見が論議の前提になっている。

まったく逆のことばが極めて

発しづらくなっている事態を

『戦時下』である」と指摘。


さらに

「アメリカが日本に求める立場について

異を唱える意見が『失言』だとか

『謝罪対象』になり、小さなタブーに

なっていくようなこの空気を

僕は『戦時下』だと考えるのと同時に

おそらく、現在から数十年前の

この国の人々が体験した『戦時下』も

こういった空気だったのだろうと

想像する。太平洋戦争時代に人々が

戦争への異議を唱えなかったのは

軍の統制のためだと思っていた。

だけど実際は

人々は自らの手で自らの中にある

『異論』を封じていったのだなと

実感する」。

 

人々は反戦弾圧されたのではなく

自らの手により「自らの中にある反戦」を弾圧したのだ。と大塚さんは

訴えているのです。

 

こういった空気の中で大切なもの。

それは国益」「国防」などの声を

でかく発するネトウヨ的な

空気の中でお花畑などと揶揄されても

「戦争は嫌だ!」

「国と国との間でトラブルが怒ったら

交渉でトラブルの解決を図ろうと

するのが政治だろ!」と

小さな声でもいいから呟く勇気だと

いうのがこの本のメインテーマ

なんだけど僕もこの意見に同意します。

 

だから今日は僕も、叫んでやろう。

 

この国に漂う「戦争美化」の

空気はおかしい!

 

人権を否定する自民党憲法草案は

戦争に繋がりかねないのでイヤだ!

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 

 

arrow1953.hatenablog.com

 

国益」「国防」とかいう

単語が好きな人って自分がその中に

巻き込まれることはないという驕りが

見えるんだけど、そっちのほうがよっぽど

お花畑なんじゃない?とか思う。