サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

月曜日のたわわ広告に、日本の「ダメさ」が濃縮されている

こんにちは。

 

 先月は想像を超えた業務の多さでブログを更新全然できませんでした。人間っていうものはとかく「サボり癖」に浸りやすく「もうめんどくせーからブログやめるべきか」とマジで思ってもいたのだけど、今週この話題を知ってやめるのをやめました。

 

natalie.mu

 

 もうね。心から思った。俺は二次元的なエロ文法に性欲を毒されたオタク達や表現の自由を守ろうなどと騒ぐ輩、そのエロ価値観にどっぷりなこの社会が心から大好きだ。奴らはブヒブヒわめいてエロ絵をむさぼり食い、ぶくぶくと太りまくって俺の目の前に極上の料理となって現れてくれる。んでもって俺はこのブログを通じて、そいつらを食ってやるってわけだ。ブログめんどくせー!っていう時に決まって頼みもしないのにネタを提供してくれる。エロネタを街に溢れさせてもなんら羞恥心のない性欲の豚どもは俺とこのブログほんとに好きなんだな。っていう戯言はこのあたりでそろそろ本題。

 

 別にこの広告、フェミニズムの人たちでなくたって、普通の社会人の感覚だったら「ふざけるな!」「なんだこりゃ?」ってなると思うぜ。上記のオタクや表現の自由がどうのこうのうるせぇ輩どもがこの広告の論点を「胸の大きさ」などの体形の問題などにすり替えたり、いつもみたく「嫌なら見るな!!ってだけだ」と怒鳴ったり見苦しい態度をツイッターなどで晒しているけれど、たぶん常識的な感性を持つ社会人だったらこの広告や発行元の講談社に対してこういいたくなると思うぞ。

 

「不安を吹き飛ばし、元気になってもらいたい・・・こんな女子高生イラストで元気になって?ふざけるな!ロリなイラストごときで元気になるほど単純な人生じゃないわ!気持ちわりぃロリコン趣味のお前らと私を並べるな!一緒にするな!」

 

 このブログでいつも語っている子どもを性的対象云々、衆目を集めるための女性利用云々以前の話です。ただでさえ政治・経済・文化で今後下り坂まっしぐらになっていくだろうこの国の将来を思って多くの人が頭を抱えているってのに「ロリコンイラスト」ごときで誰が元気を出せるか!!って話です。単純に。つまりこの広告のクライアントである講談社日本経済新聞社もナメているのよ。この国と人を。この国で「経済」をでかでか掲げている「日本経済新聞」が

 

ロリコンイラストでみんな元気になろー」

 

 普通に考えてお前ら舐めてるだろ?経済を冠する新聞がこのザマかよ。

 

 以前、このブログで僕は女性を広告に使う際に内在させられている「エロ的文法」について述べさせてもらいました。

 

 

リンク先の記事ではライターが水着女性を広告に使ってきた最大の理由に「男は基本的にオネーチャンの水着姿が好き!(同性愛者については別。)」というのを上げており「そうだろうね」と僕もうなずくところです。記事によるとビールメーカーも「男性の性的欲求」に働きかけるのが目的だったとはっきり述べています。だけど、その男性対象の性的欲求への訴求もニーズの多様化とか女性ユーザーの増加などの背景で減少、廃止せざるを得なくなったそうな。そりゃそうだ。 で。話に戻ります。こんなふうなユーザーの多様化により「男性的な性的欲求」への訴求」がだんだんと廃れていった背景に逆行していくようにアニメやゲーム、漫画などいわゆる「サブカル」な分野では「エロ文法」満載な描写、表現が増加しているのはなぜか。これは実写だから、非実在キャラだからといった乱雑なくくりや「表現の自由云々」などといった議論に逃げずオタク、非オタクな人、老若男女などを含めもう一度深く考えるべきではないだろうかと思う

僕らの周りに溢れるエロ文法に、みんな麻痺していないかを考える - サブカル 語る。

 青線の部分を見てもわかるけど、男性の性的欲求に頼り商品を客に売っていた時代はもう古いのだと多くの企業も認識を改めている。つまり、エロを商売に使っても昔みたいなうま味はない。逆に女性ユーザーの増加やニーズの多様性によりマイナスにもなりかねない。と考え始めたからこそ「内在的なエロ」を秘めた広告は減ってきたのです。フェミニズムの弾圧や規制などでなく、あくまでも「商売」という面で廃れていったのです。社会的なモラルの成熟という点もあるだろう。だけど「エロは金にならない」という大前提が「エロ」や「エロ的な文法」にNoをつきつけている。そこを見誤ってはいけません。その辺を分かっていないとタイツメーカーの「アツギ」みたいな目にあいます。

 

 月曜日のたわわ広告の話題を知ってつくづく僕が「こりゃダメだ」と思ったのは、オタクや表現の自由云々がどうのこうのとうるさい人たちにではありません。日本経済のオピニオンリーダーっぽい面した「日本経済新聞」がいまだに社会の消費趨勢やこの新聞にも少なからずいるだろう女性ユーザーに対して鈍感であり「エロ広告で金を儲ける。それは商品の売上につながる」という判断の愚かさにたいして頭を抱えたくなる。まともな広告の営業だったら「講談社さん。こういう古い広告出したら企業イメージ」壊れるので辞めたほうがいいですよ」といい止めるだろうと思う。

 

(イヤミっぽく)この国の経済のオピニオンリーダーがこんな具合じゃいつまでたっても景気回復しないわそりゃ。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オタク的想像力のリミット 〈歴史・空間・交流〉から問う [ 辻泉 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2022/4/6時点)