サブカル 語る。

サブカルチャーなどについての雑談

漫画

BL(ボーイズラブ)を読んだウブな乙女の意外な感想について

こんにちは。 本日のブログ記事は思うところあって、以前書いた記事のリライト。最近ブログアクセスが増えており、それはそれで嬉しいんだけど、その中でもお気に入りな記事であるにも関わらず未だ殆どの人に読まれていない記事も多くあったりします。そんな…

サンリオピューロランドに家族で出かけて、サンリオ男子の気分に浸る。

こんにちは。 先日は会社も休みだったので、妻と娘と三人で多摩市にあるサンリオキャラたちのテーマパーク「サンリオピューロランド」に行ってきました。 www.puroland.jp 今回でサンリオピューロランドに来たのは3度目。毎度のことながらサンリオの可愛い…

「火ノ丸相撲」は大相撲の暴力問題に対して逃げない見事な作品だった

こんにちは。 本日の話題は、週刊少年ジャンプで連載中の相撲漫画「火ノ丸相撲」。僕もこの作品大好きで、出勤中の電車でまず最初の方に読むんだけど、先日はイヤな形でこの漫画をブログに取り上げました(以下ネタバレなどもあり)。 arrow1953.hatenablog.com…

吉祥寺の「カフェゼノン」で、ケンシロウと慶次と獠に会った。そしてその感想

こんにちは。 昨日は妻の友人ファミリーが大阪から東京に来ているため、久々に合流することに。我が家も電車に乗って、待ち合わせ場所である吉祥寺に向かいました。合流するお店は吉祥寺駅の高架下にある喫茶店「カフェゼノン」。 www.cafe-zenon.jp 「MANGA…

ドラマ「電影少女」の感想と僕らの思春期について語る

こんにちは。 1/13からスタートとなったドラマ「電影少女」。この作品のタイトルを目にして、悶々とした性欲に彩られた自分の思春期を思い出す人はおそらく僕と同年代でしょう。 電影少女 - Wikipedia さて本題。この「電影少女(ビデオガール)」という作品…

サブカルチャー、サブカルとは何かをバカにもわかりやすく語る

こんにちは。 日常のマイナー商品やマイナーアニメ、ネット右翼への批判などを書いてきたこのブログ。「サブカル 語る」。といいながらそもそも「サブカルチャー」とは何かについてまったく触れていないことに気づきました。そこで本日は僕の考える「サブカ…

「人生逆転バトル カイジ」をおもしろがる奴は、人間のクズだと思っていい

こんにちは。 通勤中にスマホでニュースを読んでいて、こんな番組が年末に放映されることを知りました。 www.tbs.co.jp コレはなにかっていうと、週刊ヤングマガジンで連載中の人気賭博漫画「カイジ」シリーズとテレビ番組のコラボ。借金を背負った出場者た…

日馬富士の暴行事件を言い表している漫画について

こんにちは 事件の発覚以来、連日続いている「日馬富士の暴行事件」の報道。当事者の日馬富士や、その場に居合わせた横綱「白鵬」、その他力士の「ビール瓶で殴ってはいない」という証言に、被害者の高ノ岩が自らSNSで「ビール瓶ではないけど横綱に50発近く…

企業への内定辞退に悩む学生に読んでもらいたい「日本でいちばん大切にしたい会社」

こんにちは サブカルだけでなく、サブカルと世相を絡めた話題についても多く取り上げるこのブログ。本日のテーマは「企業の内定辞退」。 blogos.com www.huffingtonpost.jp 就職氷河期と呼ばれる時期に学生だった僕からしても「そんな時代になったんだなぁ」…

「火ノ丸相撲」の暴力表現と日馬富士の暴力事件を考える

こんにちは。 本日のブログ記事のテーマは「日馬富士の暴力事件。同郷の後輩力士、貴の岩(前頭八枚目)の態度が気に入らないとの理由で、日馬富士は後輩の頭をビール瓶で殴打。この事件について「横綱の品格」がどうのこうの「引退」をどうのこうのという声…

るろうに剣心の北海道編にちなみ、目先を変えた新撰組スポットを紹介

こんにちは。 本日発売のジャンプSQで連載スタートとなる「るろうに剣心」の北海道編。 jumpsq.shueisha.co.jp 20年前にジャンプでリアルタイムに読んでいたおっさんとしてはこの情報は感慨深くもあり、どんな物語になるかはかなり気になるところであります…

海パン刑事の元ネタはこち亀ではありません!

こんにちは 本日のブログはこの話題から。 headlines.yahoo.co.jp コレどういう話かっていうと福岡県警が海水浴に来た客の荷物置き引きの防止策として、水着姿の私服警察を海に派遣。その効果も上々とのことでまぁ結構な事だけど、この話題で使われている「…

動物王国で有名なムツゴロウさんの自伝マンガについて語る

こんにちは。 サブカルチャーのちょっぴりマイナーな話をメインに扱っているこのブログ。記事ネタはおもに自分の記憶力なんだけどその記憶が意外なところから呼び起こされることも少なくありません。 今回、紹介させていただくのはこの記事。 www.yukicoco.n…

ジャンプ50周年!!だからこそ「ジャンプ放送局」を語る。

こんにちは。 本日のテーマは今年で1967年の創刊以来、50周年になる「週刊少年ジャンプ」。おっさんとなった現在の僕も愛読している漫画雑誌です。50周年っていう記事の題名で「ん?」と思った人もいると思うけど、実を言うと少年ジャンプは「ウルトラセブン…

「自衛隊」とは何か?を考える前に読みたいマンガを紹介

こんにちは 森友と加計学園を皮切りに何かと常に騒がしい現、安倍政権。先日は「憲法改正」について、こういったニュースも報道されました。 www.j-cast.com 僕自身は憲法をどう考えるかというと改正に反対、つまり護憲の立場にいますけどこの国の将来を考え…

「魁!!男塾」に教育勅語とは何かを考える

こんにちは 最近のニュースを見ていると「教育勅語」やヒトラーの「わが闘争」を教育に使うことに、問題があるだのないだの騒いでいますけど僕個人、「地味に戦前回帰が始まってきやがったな」という印象を抱いております。 www.nikkei.com あ、ヒトラーとい…

男性保育士の問題を考えるなら漫画の「ほいくの王さま」はおすすめだ。

こんにちは 本日のブログのテーマは「男性保育士」。先日ネットで、こんな発言が物議を醸していました。 www.j-cast.com 女児の保護者が男性の保育士さんに「自分の子どもの世話をするな!」ということでおむつの交換や着替えを外されたり、実際に保護者から…

スタ丼(スタミナ丼)の発祥の地、国分寺に行ってきた。

こんにちは。 本日のテーマは「スタ丼」こと「スタミナ丼」。コンビニとのタイアップ弁当や日本各地でチェーン店が増えているため、その知名度も高まってきているこのメニューですが、20年ほど前までは発祥の地「国立・国分寺」でのみしか食べられない極めて…

こち亀の歴史40年でもっともおもしろい単行本は51巻である。

こんにちは。 本日のブログのテーマは週末にいきなり飛び込んできた「こち亀の連載終了」の話題。実は最近、ジャンプの連載作家が最も好きなエピソードを厳選して編集した40周年記念号のムック本「こち亀ジャンプ」を買ったのでその感想でも・・・などと思っ…

オリンピックの聖火を守った蕎麦屋のある発明物語

こんにちは。 なんだかんだで今年のリオデジャネイロオリンピックもあっという間に閉幕。テレビで競技を見たのはたまたま見た2種目程度なので、巷の熱狂に身を委ねる事もないある意味でさびしい夏でした。っていうか正直言って日本のオリンピックのメダル数…

自民の改憲漫画が、あまりにも酷い

こんにちは。 昨日のブログでも書いたとおり、本日のテーマは自民党が発行した憲法改正漫画 ほのぼの一家の憲法改正ってなぁに?について。 物語の登場人物はどこか頼りなさげな夫、ささいなことですぐにキレる妻。物心ついたばかりの息子、それを諭すおじい…

日本国憲法は僕らを甘やかさない憲法である。

こんにちは。 本日のブログテーマは「ビッグコミックスピリッツ」。先日、25年後の東京ラブストーリーを掲載した事で話題になった週刊漫画誌が、「日本国憲法」を特集。人気作家が集い、憲法とそれを柱とした現在の日本の風景をイラストで表現するのだそうな…

ビッグコミックスピリッツは、日本の現行憲法をどう語るのだろう?

こんにちは。 本日のブログテーマは「ビッグコミックスピリッツ」 先日、25年後の東京ラブストーリーを掲載した事で話題になった週刊漫画雑誌ですが、今週号では「日本国憲法」を特集。人気作家が集い、憲法とそれを柱とした現在の日本の風景をイラストで表…

自民の18歳向け選挙パンフレットを若者ウケよくするアイディアを提案

こんにちは。 本日のテーマは「18歳の選挙権」。先日、自民党が発行した若者向け選挙啓発パンフレットの「国に届け」を読みました。先入観に振り回されないためにも感想をネットで先に読まず目を通したけど、俺だったら怒るねというのが僕の率直な感想かな。…

東京オリンピックをこの漫画で盛り上げたい

こんにちは。 本日のブログはこの話題。 www.nikkansports.com あんだけコンパクトで低予算で環境に優しい大会を目指すとか謳っていたいたくせに、ひっでぇ後出しじゃんけんだなというのが率直な僕の感想。この大会招致をめぐって裏金が動いたんじゃないかと…

東京ラブストーリーの物語から25年後の続編。ほんとにイイ話か?この作品

こんにちは。 本日のテーマは柴門ふみセンセのベストセラー「東京ラブストーリーの続編」。1980年代後半に連載が始まった後、1990年代になりテレビドラマ化。テーマソング曲となった田和正の「ラブストーリーは突然に」も、300万枚近くを売り上げるなどまぁ…

左門くんはサモナーが現在もっともおもしろいギャグ漫画だと思う

こんにちは。 昨日、仕事の帰りに本屋に寄って買ってきました。週刊少年ジャンプで連載中のギャグマンガ、「左門くんはサモナー」の単行本。 www.shonenjump.com 僕はこの久々に出会った良質のギャグマンガ、大好きなんすよ。 物語は乗り物酔いに苦しむ同級…

クッキングパパを読んで、みかんと納豆の組み合わせ(みかんサンド)を試してみた

こんにちは 今週のテーマは「みかんと納豆を一緒に食べてみよう」。なにかっていうとコレは今週の週刊モーニング掲載の「クッキングパパ」で紹介された食べ方なのです。メニューの名前は「みかんサンド」。本来はみかんの皮をむいて果実に切り身を入れた後、…

MASTER(マスター)キートンのエピソードに「学び」とは何かを考える(ネタバレあり)

こんにちは 本日のテーマは「いま学んでみたいこと」。そもそもなぜ人は学びたくなるのか?それは人により理由も異なるでしょうけど、僕の愛読書とよべる漫画「MASTER(マスター)キートン」の主人公であるタイチ・キートン先生はこう答えています。 「それ…

「刃牙」作者の板垣センセと武道の達人の会話、僕の合気道経験から「実戦」を考える

こんにちは 先日のことですが、ネットで自称「合気道の達人」対若手格闘家の異種格闘技戦が話題になっていました。この対戦は合気道の達人の惨敗。戦いの結果を受け、だいたい以下の感想がネットに溢れています。 ①60歳で試合に挑むのが無謀②合気道って強く…